誇大広告は命取り

売れるホームページの作り方 ⇒ 売れないHPの理由 ⇒ 誇大広告は命取り


売れないHPの理由


誇大広告は命取りの元

アクセスアップは売上に無関係 ←|→ 原因はお客様が知っている





◆ お客様の期待以上のホームページは危険


インターネットを利用する人の数はとても多くて、インターネットの世界は広い様に思えますが、じつはとても狭い世界です。


実際にホームページで商品やサービスを注文する人の数は余り多く有りません。


ホームページを利用して呉れるお客様の数は少ないのです。ですので、生涯お付合いをして頂きたいと思ってサービスしないと見向きもして呉れません。


注意する点は「お客様の期待以上のホームページを持つ事の危険性」です。


誇大広告

商品やサービスを売りたい一心で、商品に対して過大評価したり、過大なキャッチコピーでお客様を煽ってしまうと、その場では売れている様に見えますが、お店や会社が求めるお客様以外の人に対しても訴求してしまい、ミスマッチが生まれます。


また、商品やサービスに対する期待値と現実の使用感があまりにも乖離したため、口コミサイトなどで悪口を書かれてしまうと、その口コミは一生残ることになります。


誰か一人が「期待していたものと違う」と悪口を書くと、私も、私も、・・・と次々と書かれてしまいます。


会社やお店側の評判はガタ落ちになるのと同時に、その結果、新たに手を変え品を変えながら、また新しい商品やサービスを送りり出さなければなりません。


こういう事態を引き起こさない為にも、本当にその商品やサービスを必要としていると思われるお客様に誤解を与えないアピールをする方が長く安定して売れ続けます。



◆ アピールする時は表現の仕方に注意


ホームページではビジネスで不利になる事や確約する様な表現を使わない言い回しをする事をお奨めします。
人気絶好調」「最高品質」など確約する表現だと、同じ表現でもお客様毎に受取る意味合いが異なります。


お客様が期待する事と、現実の間にミスマッチが生じてしまい、結果、徐々に売り上げも落ちて行くと思います。


例えば次の様に言い替えられます。


人気絶好調⇒ リピート率○%、出荷累計数○個、お客様満足度○%


最高品質 ⇒ ISO○取得工場で生産、クレーム率○%、返品率○%


客観的データを織り交ぜて言い換えていますが、ミスマッチが起こりにくく、意味合いは同じです。


客観的データを見るだけで、お客様は自分から「人気があって品質も良い」と解釈して呉れます。


こうした言い換えに自信がなければ、お客様の声を使う事の有効です。
その声を編集せずに生のままホームページに掲載すればよいわけです。


ただし、お客様の声を装って自分で書くのは止めて下さい。
何故か、お客様は偽装である事を瞬時に見破ります。ほんの僅かでも怪しまれたら致命傷です。


セールストークはほんの少しの背伸びにとどめる様にして下さい。