原因はお客様が知っている

売れるホームページの作り方 ⇒ 売れないHPの理由 ⇒ 原因はお客様が知っている


売れないHPの理由


売れないホームページの原因はお客様が知っている

誇大広告は命取り ←|


◆ 売れ無い原因は、考えても無駄です





ホームページで商品やサービスを宣伝しているのにちっとも売れない
最初は売れたが、段々売り上げが落ちてきた


こんな時どうしていますか? どうしようと思いますか?
「アクセス解析を吟味して、分析して改善策を練る」とお思いでしょうが、やるだけ時間の無駄です。


何故なら、あなた自身がそのホームページで商品を購入した経験がないからです。


何かお客様に不満がある筈なのですが、お客様の目線で使用した事が無い人が幾ら考えたって、お客様の不満なんか判る筈は無いのです。


だから、考えるだけ時間の無駄なのです。


考えても無駄

◆ 1例を挙げます


年金受給の方から相談を受けた事があります。
「年金の年額支給額が120万なのに、源泉徴収額が9万円です。何か多すぎると思う。調べて欲しい」
こういう内容でした。


確かに多過ぎると直感しました。独身者なのですが、本来なら数千円の筈。なのに9万円とはやはり多すぎます。
そこで、年金受給者の確定申告、とか年金受給者の税額、などのワードでインターネットで調べました。


さっぱり判りません。計算式も載っていません。
多分確定申告すれば還付される筈だと思っていましたので、”確定申告を必要とする人”で調べました。


以下が参照した部分です。

「確定申告不要制度」によっても、確定申告が必要となる方は以下のとおりです。
下記のいずれにか該当する方
参照:公的年金が年400万超ある方
参照:公的年金以外の所得(収入ではありません)が年20万を超える方
参照:社会保険料控除、生命保険料控除、雑損控除、医療費控除、寡婦(夫)控除などがある人

参照終わりi。


どのホームページを見ても上と同じ事が記載されています。


もしかしたらと思い相談者に尋ねました。「扶養親族等申告書は提出しましたか?」
「独身なので提出していません」


そうです、扶養親族等申告書を提出しないと、基礎的控除額が少なくなり税率も本来の5.105%より重い10.21%。


つまり権利を放棄した事によって本来より高い税額になる仕組みだったのですね。
確定申告すると、数千円の税金で済み8万円以上が還付される事がわかりました。


これはホームページで調べて判った事では有りません。
国税庁の確定申告書等作成コーナーというパソコンで自動計算された確定申告書を作成するサイトで実際に作成して見て判りました。


つまり幾多のホームページに記載されている”確定申告が必要となる方”に以下が抜けているのです。
忘れていて、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書を提出しなかった・・・人


何故、この1文を入れないのか未だに不思議でなりません。使う側の目線(還付請求)に立っていないし、自分で使ったことが無いからでしょう。税金を徴収する側の目線です。


話しを元に戻します。



◆ 売れない原因はお客様が一番良く知っています


過去の購入者からのメールや電話の内容を良く吟味することです。こうした現場での直接的なやり取りの中に原因が隠れています。
ホームページを改善してゆく上で貴重な意見となります。


「商品の返品には対応してもらえるのか」
「ホームページでは良く判らない、詳しい資料が欲しい」
「同じ商品でもっと安いところがある。もっと安く出来ない?」


ホームページ改善のヒントは、これまでの購入者や問合せの中に必ず残されています。
何が不満なのか、と言った売れない原因が解ってきます。お客様が知っています。


売り上げが伸びるホームページにする為に、お客様の声を取り入れながら1つずつ改善のヒントを抽出して下さい。