ホームページの役目を決める

売れるホームページの作り方 ⇒ 売れないHPの理由 ⇒ ホームページで何をしたい?


売れないHPの理由


ホームページで何を実現したいのですか

ホームページは見た目が100% ←|→ 気付かないアピールポイント





◆ ホームページを持てば、人が集り、売り上げが伸びると思ったら大怪我

ホームページで何したい

「今の時代ホームページ位は持っていないと世間体が悪い」
「他がやっているのに、うちだけやらない訳ににも行かない」
「手っ取り早く、IT部門に任せて作成させよう」

「時間とお金をかけて立派なホームページを作り、売り上げを伸ばそう」

「安い製作会社に頼んで、取りあえず作成しよう。その後更新すれば良い」


日々、真剣にビジネスと向き合って、厳しく仕事を続けている人でも、何故かホームページに対しては、深く考えもせずに、甘い幻想を抱いて製作している、こういうケースが多いのです。


心当たりの有る方もおいでの事と思います。


◆ では、何故安易にホームページを製作してしまうのか


多分、ホームページの役割りや利用方法が良く判らないからです。


さしたる展望がないままに、期待を抱いて、費用対効果があるのか無いのかの推測が付かないまま製作してしまう。
この様にして何ら利益をもたらさないホームページが氾濫してしまうのです。



   top 【集客】集客外伝
集客外伝
集客外伝

\29,800円

 集客外伝サイトで講座実施

 幾多の実績ある方々の講座で集客方法伝授。

 メルマガにて集客法の伝授。

 ・ツイッター攻略、無料レポーポート攻略、フェイスブック攻略など


具体的集客事例に基づき、集客基知識やアイディアを習得。

 集客外伝

   top コストゼロFacebookコストゼロ集客術
Facebookコストゼロ集客術
Facebookコストゼロ集客術

\19,800円

 Facebookを道具に使ってお集客を集める。

 今やFacebookを集客ツールとして使うのが主流。

 個人事業主や中小企業の方に使って欲しい。

 しかも、あなたの集客コストは“ゼロ”


最近の購入者の購入動機を分析すると「信頼している人の紹介があったから」。
受け皿にホームページがあればいう事なし。

 Facebookコストゼロ集客術



成功しているホームページは製作前に注力している


◆ ホームページの正否は、準備段階で決定してしまいます


ホームページの役割りや利用方法を明確に決めないから、何年たっても売り上げが伸びません。

製作前に注力

ホームページで何をしたいのですか?
この質問に具体的にハッキリと答えられる様になってから作成して下さい。


例えば次の様な事が考えられます。


・「購入した場合、サービス料金は年毎に一定なのか、割引が適用
  されるのか

⇒「ホームページでサービスと料金の一覧を明示してお客様の不安を解消します


・「商品の欠点などを指摘したいし、改良もして欲しい
⇒「ホームページでお客様の声を投稿して貰い、公開します。さらにそれを元に、改良を加え、
  ホームページに反映します


つまり、お客様の声を吸い上げる事をホームページで実現したい、とか
商品売り込みはせずに、お客様に役立つ情報発信に終始して知名度を上げる事や評判を上げる事をホームページの役目とする、などが考えられます。


さらには、メールアドレスを蓄積する事を役目とする様な事も有るでしょう。


ホームページで何をしたいのですか?」は一番重要なテーマです。



ホームページの役割りが曖昧だと効果は出ない


◆ どうでしたか?ホームページの役割りは明確でしたか?


ホームページで何をしたいのか、改めて考えられた方のいると思います。
ホームページの作成目的が明確になると、そのホームページの役割りや装備する機能も必然的に解ります。


ホームページの役割

ホームページの一般的(最大公約数)な構成は以下になっています。
・商品、サービスの販売:商品説明ページ〜購入申込み
・資料の請求:カタログやサンプルの請求
・問合せ:メールや電話での受付
・情報提供:お役立ち情報を掲載
・会社案内:会社概要や求人情報掲載
・プライバシーポリシー



これらを同一濃度で掲載していませんか?作成目的によって、濃いページ・注力するページと、飾り的なページが出てくるはずです。
ホームページの役割りが明確になっている証拠です。


しかし、実際にはお客様に「何をして貰いたいのか」が良く吟味されていなくて、実現したい事とホームページの役割りが整合していないページを良く目にします。


通販で売上を伸ばす事が目的なのに、商品写真が無かったり・使用イメージ写真が無いページ。


資料請求して貰って、その後に商品購入して頂く事が目的なのに、問い合わせページを探せない。


商品の感想を寄せて貰い、商品改良に結び付けたいのに、お客様の声を掲載しているページが無い。


メールアドレスを蓄積したいのに、お客様が入力する項目がやたらに多く、途中で断念したくなる。


などなど。

ゴールを目指す上で一貫したホームページの作りになっているかチェックして見て下さい。