フェイスブック・スマホを活用

売れるホームページの作り方 ⇒ 最強のツールになる瞬間 ⇒ フェイスブック・スマホ活用


最強ツールになる瞬間


ホームページのフェイスブック活用法

管理費を垂れ流さない ←|


◆ フェイスブックをホームページへのナビゲータにする





今大流行のフェイスブック。
多くの会社が利用していますが、ホームページと言う受け皿が無いと、余り効果は期待できないでしょう。


現在、ホームページを運用しているのならば、フェイスブックを販促ツールとして活用出来ます。
但し、流行には流行り廃れがありますので、深入りはしない方が良いとは思います。


ホームページ無しでフェイスブックだけに販促を委ねる事はしない方が賢明です。


理由は仕組みに有ります。


フェイスブックには「個人」と「企業(ビジネス)」のページが有るのですが、主流は個人対個人のコミュニケーションです。


従って、「企業のページ=売り込み目的」という認識が強く、ビジネスのページに手間をかけて情報発信しても敬遠されてしまいます。


フェイスブックでは、個人ページを持つ人や個人ページに興味を引くユーザーが「この人のビジネスは何だろう」と知りたくなった時に初めて企業(ビジネス)」のページを見に行きます。


この場合にのみ「企業(ビジネス)」のページが名刺代わりになり、さらに興味が出てきた場合に、ホームページを見に行くのです。


つまり2段階クッションを踏む必要が有ります。


フェイスブック


   top コストゼロFacebookコストゼロ集客術
Facebookコストゼロ集客術
Facebookコストゼロ集客術

\19,800円

 Facebookを道具に使ってお集客を集める。

 今やFacebookを集客ツールとして使うのが主流。

 個人事業主や中小企業の方に使って欲しい。

 しかも、あなたの集客コストは“ゼロ”


最近の購入者の購入動機を分析すると「信頼している人の紹介があったから」。
受け皿にホームページがあればいう事なし。

 Facebookコストゼロ集客術

   top 【アクセスアップ】パソコンサイトとスマホサイトの同時作成テンプレート
パソコンサイトとスマホサイトの同時作成テンプレート
スマートフォンサイト&パソコンサイト同時構築テンプレート

\9,800円

 パソコンサイトとスマホサイトを同時に作成。

 HTML5とCSS3をテキストエディタで作る形式。

 パソコンサイトとスマホサイトを2つ作る必要なし。

 手間なくスマホサイトも作れます。


パソコン用テンプレートは1デザイン当り6ページ分が添付。
スライドショーや戻るボタンなどもあります。

 スマートフォンサイト&パソコンサイト同時構築テンプレート


◆ フェイスブックの着地点がホームページ


上の流れから解ると思いますが、「企業(ビジネス)」ページが有っても、ホームページが無ければ「フーン、そうか」で終ってしまいます。


フェイスブックの「企業(ビジネス)」ページには、名刺程度の情報しか載せられません。


従って、ホームページと言う大きい受け皿が無いと、ビジネスの内容を伝えられず、苦労して集めたお客様を成約まで持って行けないのです。


フェイスブックをビジネスに使おうとしている人は大勢います。
しかし、ビジネスに繋げるのであれば、最終的にお客様に納得して貰える受け皿としてのホームページが必要です。


名刺だけをみて、何かを注文して呉れる人などいません。
この流れを理解して、フェイスブックを集客に活かして下さい。



ホームページのスマートフォン活用法


◆ スマートフォンは新規顧客開拓が向いている


携帯電話からスマホに切り替える人が急増していますが、ホームページでも携帯電話搭載とスマホ搭載では大きく異なります。


携帯電話で閲覧できる情報量はパソコンの1割程度で、また、画像も小さいサイズのものしか載せられません。


しかし、スマホの場合には、パソコンのホームページをそのまま表示出来、検索順位もパソコンと同じなのでホームページのアクセスもそのまま引き継ぐ事が出来ます。


スマートフォン


◆ スマホユーザは新規顧客開拓の狙い目


パソコンのホームページをそのまま表示出来きるからと言っても、スマホ専用のホームページを持たないと顧客と取り逃がします。


スマホ専用のホームページを閲覧できるようになると、パソコンを持たないスマホユーザーも顧客の対象になります。


が、スマホでパソコン用ホームページを閲覧すると、どうしても使い勝手が悪いので、スマホを使って注文操作をする気にはなれません。


パソコンの様にマウスも無く、画面エリアも小さくて、パソコンなら難無く出来るキーボード操作やスクロール操作がスマホだと上手く行かないのです。


これで取り逃がしてしまったお客様が多いのです。


従って、パソコン用のホームページで集客や売り上げが順調に上がって来た時こそ、スマホ用ホームページの構築が有効です。


目安としては、ホームページのアクセスのうち、スマホからのアクセスが5%以上の場合には、スマホ用ホームページを作成すれば効率が高いと言えます。


これはアクセス解析を分析して判断して下さい。



◆ スマホではリキッドデザインを導入する


スマホ用ホームページを作るときの問題は、端末によって画面の大きさ・解像度が違うという点です。


技術的な解説はしませんが、全ての端末でホームページが閲覧出来る様に「リキッドデザイン」の導入をお勧めします。


「リキッドデザイン」を取り入れれば、端末によってザイズが可変になるので、どんな画面でも同じ様に見せる事が出来ます。


また、今後さらに端末の画面が大きくなった場合でも対応出来ます。