問い合わせの敷居を下げる

売れるホームページの作り方 ⇒ 最強のツールになる瞬間 ⇒ 問い合わせの敷居を下げる


最強ツールになる瞬間


ホームページからの問い合わせの敷居は下げる

ホームページで最強の営業 ←|→ 販促として活用する





◆ 問い合わせは、お客様からの反応が0から1に変わった瞬間


ホームページでは、自動化を進めて集客や売り上げを伸ばそうとすればする程、問合せ数は減少します。
ホームページで商品やサービスを見ただけで、何の疑問も抱かずに購入して呉れることが最良。


しかし、ここに至るには相当高いハードルをクリアしなくてはなりません。
そこで、いきなり商品を購入して貰おうとはせずに、1クッション置く方がお客様のリスクが減ります。


例えば資料請求して貰うとか、無料サンプルを請求して貰う事などが考えられます。
つまり、お客様が購入までに至る、どの段階までをホームページの役割りにするかと言う事です。


こうする事で、ホームページの役割り目標が達成しやすくなります。


問い合わせ


◆ お客様にアクションして貰いたい段階を設定する


ホームページの構想を練る際には、お客様にどの段階までアクションして貰いたいのかを明確に設定して下さい。
ホームページに詳しく無い方は、ハードルを極力低くする事をお勧めします。


リニュアル時に少しずつ段階を引き上げて、最終的には購入に至るまでの全てをホームページの役割りにする事を目指します。
ホームページでは、問合せも購入も無いと、機能しているのかしていないのかが解りません。


そこで、最低限、問合せがもらえるホームページを作成することがポイントになります。
問合せがもらえるだけでも、お客様の反応が「0」から「1」に替わったことを意味します。


大切な第一歩です。


お客様とやり取りが出来るページを最低1ページ設けて下さい。
「サンプルを無料でお送りしますので、是非お試しください」
「不明点は電話でお問いあわせ下さい。迅速に対応いたします」
「解らない点を記入して下さい。2営業日以内でメールにてお答えします」


問い合わせフォームを全ページに入れるか、または、そのページへのリンクを設置すれば、お客様の負担も軽減して問い合わせ件数も増えると思います。


問い合わせが増えると、実はホームページの労力を軽減出来ます。


問い合わせページ


◆ 問い合わせは、購入スピードが速まる要因


問い合わせが来る様になると、電話やメール文章中に、ホームページの欠陥が指摘される様になります。


「写真と実物が少し違う、写真の方が見栄えが良い」
「価格が消費税込みなのか別なのか解らない」
「送料は一律?地域毎に違う?」


こうした点をしっかり集約・分析してホームページを修正することで、同じ疑問を持つ人達のモヤモヤ感も解消され、問い合わせをしなくても、ホームページを見ただけで商品を購入して頂けるページに成長します。


これが、購入スピードが速まる要因です。


購入に踏み切れない声を聞いて、ホームページに反映出来れば、「見た目100%」のホームページの性質上、必ず売れるホームページに成長します。


対応に労力がかかる問い合わせは少なくなり、直ぐ購入してくれるお客様が増えて行きます。


こういう事をしなくても売れる事が理想なのですが、それを待っていてもホームページは永遠に「0」の成果を出し続けます。


今、売れないホームページを運営しているのなら、優先すべき事は、問い合わせを増やす事です。


「なにを簡単な事を」とお思いかも知れませんが、「0」を「1」にする事が最優先で、それを実行するかしないかで結果は雲泥の差となって表れます。


インターネットの世界は本当に残酷です。