縦長にしてクリックを減らす

売れるホームページの作り方 ⇒ 売れるHP作成実践編 ⇒ 1ページを縦長に纏める


売れるHP作成実践編


ホームページを縦長に纏めて無駄なクリックを排除する

|→ キャッチコピーは最重要





◆ 1ページは縦長に纏めてクリック回数を減らす


ホームページを色々閲覧すると、1ページ内の情報量が少なくてページ数が増えているものを良く見ます。


ページ数を増やして、検索上位対策をしているのが理由らしいのですが、逆効果です。


ページを探すのが大変なのです。


お客様の行動パターンや購買心理に基くと、1ページは縦長に纏める方が成約率が上がります。
お客様の特長的な行動パターンでは、1つのホームページで平均3回しかクリックして呉れません。


そして、1クリックする毎に「買いたい」と思う購買意欲が30%減ってゆきます。
「楽天」等の大手通販サイトでは1クリックで購入して貰う事に注力しています。


その根拠は、お客様は1クリックごとに30%の人がホームページから去って行くと分析しているからです。
したがって、理想は1クリック、多くても3クリック以内で完結する事が売れるホームページの条件となります。


縦長に纏める


   top 【HP作成】ヘッダやバナー作成ツール
バナープラス
バナープラス

\14,700円

 華やかなヘッダーやバナーを作れるソフト

 初心者の方でも簡単に作成可能。

 売れるキャッチコピーを配置してばインパクト大。

 作業時間は数分ほど。


同じ商品情報を扱っているのにも関わらず、デザインの力で印象が変わってしまう。
ダサいバナーはサイトの信頼度を大きく落とします。

 バナープラス

   top 【HP作成】文章自動作成ツール『PSWオンライン』
文章自動作成ツール
バナープラス

\24,800円

 1クリックで1ページ約1,000文字の文章を作成

 文章書の苦手な人に大人気。語彙力と精度が抜群。

 無料のテンプレートも準備。

 ホームページ内容によって26ジャンル(別売り)。


テキストリンクやバナーリンクをローテーションで挿入したり、挿入位置をページ毎に自由に変更できるなど、バラエティーに富んだリンク設定が可能です。

 文章自動作成ツール『PSWオンライン』


◆ 3クリック以内に全ての情報を提示する


4クリックはして呉れないのが、お客様の行動パターンです。
3クリック以内に全ての情報を提示して購入して貰わなければなりません。


現状のホームページで無駄なクリックをさせている部分を探し出して、ページを縦長に纏めて下さい。
理想は、これまでの3ページ分の情報を縦長1ページに納めることです。


これからホームページを作成する場合はこれを踏まえたページ構成にして下さい。


ページ数が多い方が検索エンジンに評価されると思うかも知れませんが、ページ数では無く、質で評価します。


従って、ページ数が少なくても、ホームページの情報が濃ければ検索エンジンから評価されます。

縦長のホームページにすると、必然的に縦スクロールが生じますが

人は縦スクロールにはストレスを感じません。


クリックしてページ間で情報を探す事にストレスを感じます。



◆ 必要な事は繰り返し書いて訴える


但し気を付けて欲しいのは、極端な横スクロールはさせないと言う点です。
人間工学的に無理があり、大きな横スクロールはストレスを与えます。


1ページ内に画像を何枚並べても大丈夫です。同じ事を何度書いても大丈夫です。
商品説明部分に一緒にお客様の声を書いても構いません。重複を怖がらずに、お客様に伝えたい事をドンドン書いて下さい。


何度も書く事でお客様をマンドコントロールで誘導出来ます。
縦長のページでお客様のクリック回数を少なくさせ、画像や説明をふんだんに使って、繰り返し伝えたい事を盛り込む。


こうする事で成約率が上がって行く変化が現れます。



◆ 縦長のページではスクロールせずに見えている範囲が重要


ホームページに訪れたお客様がスクロールせずに最初に見えた範囲をアバブ・ザ・フォールドと言います。


アバブは上、フォールドはページの折り返しの意味で、アバブ・ザ・フォールドは文字通りに「境界より上」と言うことになります。


この範囲内でお客様の第一印象を良くして心を掴まないと、サッサと離脱してしまいます。
それほど重要な範囲になります。


アバブ・ザ・フォールド


縦長のページではこの範囲内に後述するキャッチコピーを配置して、以下順次詳細説明をすると言った順番にして下さい。


アバブ・ザ・フォールドが重要な理由は人の行動パターンを調査した結果から来ています。


調査結果では、画面の閲覧時間の比率は次の様だと報告されています。


上下の比率では
・アバブ・ザ・フォールド(境界線より上): 80.3%
・境界線より下:19.7%


左右の比率では
・画面の左半分:69%
・画面の右半分:30%


極端な横スクロールはさせないと言うのはこの結果からも解ると思います。
横スクロールしてまで右は見ないと言っています。