商品の背景物語を書く

売れるホームページの作り方 ⇒ 売れるHP作成実践編 ⇒ キャッチコピーは最重要


売れるHP作成実践編


商品の背景に有るストーリーでホームページを訪問したお客様の心を掴む

キャッチコピーは最重要 ←|→ お客様の決断は商品ページ





◆ 商品の背景に有る多くのストーリーをそのまま書く


ホームページ作成で誰もがハードルが高いと感じる事は「文章を書く」という事の様です。
文章が下手」「文章センスがない」と嘆く方が大勢います。


でも悲観することは有りません。売りたい商品には、背景に多くの物語り(ストーリー)が存在しています。


商品の原材料や商品自体の調達過程、加工商品なら加工場での人間模様や品質管理の内容や苦労している点など。
これらを、そのまま商品説明の文章に使ってしまえば良いのです。


ストーリー


   top 【HP作成】ヘッダやバナー作成ツール
バナープラス
バナープラス

\14,700円

 華やかなヘッダーやバナーを作れるソフト

 初心者の方でも簡単に作成可能。

 売れるキャッチコピーを配置してばインパクト大。

 作業時間は数分ほど。


同じ商品情報を扱っているのにも関わらず、デザインの力で印象が変わってしまう。
ダサいバナーはサイトの信頼度を大きく落とします。

 バナープラス

   top 【HP作成】文章自動作成ツール『PSWオンライン』
文章自動作成ツール
バナープラス

\24,800円

 1クリックで1ページ約1,000文字の文章を作成

 文章書の苦手な人に大人気。語彙力と精度が抜群。

 無料のテンプレートも準備。

 ホームページ内容によって26ジャンル(別売り)。


テキストリンクやバナーリンクをローテーションで挿入したり、挿入位置をページ毎に自由に変更できるなど、バラエティーに富んだリンク設定が可能です。

 文章自動作成ツール『PSWオンライン』


◆ 客様を引き付ける物は商品では無くてストーリー


そしてホームページでお客様を引き付ける鍵となるのが、このストーリーなのです。
お客様は、ただ商品のメリットやアピールに魅力を感じているのでは無く、素朴で有っても生の声に魅力を見出します。


また、このストーリーなら「文章が下手」「文章センスがない」と言っている人でも、比較的簡単に作成出来ます。


養鶏をやり、卵を販売している店主がいたとして、例を挙げて見ます。


お客様「この卵は、お宅の養鶏場で採れたものですか?」

店主1「はい。裏の養鶏場で採れたものです」

店主2「はい。裏の養鶏場では放飼いで鶏にストレスを与えず、充分な運動をさせています。
    餌も自分達で配合して与えていますが、鶏の自由にさせていますので、毎日は卵を生んで
    呉れません。これは2日ぶりに生んで呉れた卵です」


どうですか?店主2の方が中身が濃い卵で栄養価も高く美味しそうに感じませんか。
お客様は店主2の方を選ぶと思います。


ストーリーと言うと難しく感じるかも知れませんが、創作して下さいと言っているわけでは有りません。
上の例では、養鶏場も鶏の環境も、餌と作る過程も同じです。違いは表現方法だけです。


このストーリーを文章できちんと表現するか、しないかで、読んだ時の印象がこれだけ変わります。


この様に自分(達)のやっている事を正直に文章に仕立て上げるだけで、商品ストーリーが展開できます。



◆ 売れるストーリーにはパターンがある


店舗で商品を購入する場合は、販売員さんから内容を詳しく聞いて、検討して買いますが、ホームページでこの販売員さんの役割りを果たすのが、ホームページ上の文章です。


腕の良い販売員さんは、お客様と対話しながら、次は、その次は、と話しを展開して行きます。
押し付けをせず、お客様の立場にたって話しをして呉れます。で、最後まで話を聞いて最後は買ってしまいます。


ホームページもこれと全く同じです。
一般的に売れるホームページでは次の様な流を意識してお客様を購入まで誘導しています。


お客様は何かに悩んでホームページを訪問します。


・この悩みを解決して呉れるものは無いか?
・商品の良い点、悪い点は?
・で、この商品は何をしてくれる?
・実際に購入した方はどう思っている?
・価格は?特典は?定期購入?都度購入?送料は?支払い方法は?
・配送方法は?プライバシーは?
・ところで、どういう会社?


これに沿って、ストーリー展開をして行きます。


人間の心理はある程度決まったパターンが有ります。同じ様なストーリー展開でも興味を引くものです。


NHKの大河ドラマのストーリー展開は大体いつも決まっています。でも熱心なファンは大勢います。
もう終りましたが、「渡る世間は・・・」「仁」では、ストーリー展開は予測できました。


各回のストーリーは解ってはいても熱心に見入るファンが多かったのも事実です。


従って、独自性のある斬新なストーリー展開を目指すよりは、実績のあるホームページのストーリー展開を参考にする方が良い結果に繋がると思います。