お客様にお得感を感じて貰う

売れるホームページの作り方 ⇒ 売れるHP作成実践編 ⇒ お得感をアピールする


売れるHP作成実践編


送料無料・お試し・返品可など、ホームページを訪問したお客様にお得感を演出する

注文時の購入ステップを示す ←|→ キーワード対策を考える





◆ 自分でお店に行けば送料は掛かりません


通常の店舗に自分で出向いて購入した場合は送料は一切かかりません。
すると「インターネットで購入すると送料がかかり勿体ない」と多くの人が考える心理です。


例えば1,000円の物を購入して送料が600円掛かる場合、幾らお店側が商品価格を安く設定していたとしてもお客様から見ると、価格の半分以上が送料になってしまい、何あ〜にか、腑に落ちないのです。


幾ら商品やサービスが良くても、送料にこれだけの金額を支払う事に納得が行かずに、ホームページからは物を買わないと言う人は多いのです。
送料に関してお客様は実に敏感なのです。


送料無料にすれば解決出来るのですが、いざ実行となると、そうしても躊躇してしまいます。


地域の壁を越えたビジネスをするインターネットである事を認識する


送料の問題で常連客候補を逃がしてしまえば、継続期待できる利益を逃しているのと同じです。
ネットビジネスでお客様が一番好む言葉は「送料無料」という統計があります。


確かに良く売れているショップは送料無料とヘッダーにハッキリ書いてあります。
また、送料ページを見て購入を諦める人の多くいる事実を深く認識する必要が有ります。


せめて「送料全国一律○○円」位にはすべきです。


送料の元はとれる


送料無料や送料全国一律は、お店側にとっては負担になるかも知れませんが、お客様が増えれば、新規顧客獲得のコストよりも安上がりになる可能性が大きいのです。


ネットショップでは、人件費や店舗運営費などの経費が安く押さえられる面もあるので、その分を送料に回すだけでもお客様に喜んで貰えます。


それでも無理な場合は、商品価格設定を少し上げて、その中から捻出する様な工夫が必要です。



◆ 当日発送はアピールポイント


お客様の中には、注文から商品の到着までの日数が長いと、注文をやめる場合が有ります。
その理由は簡単で「欲しいものは、早く手に入れたい」と望むからです。


当日発送と言うそれまでの常識を覆して成功したのが、アスクルやアマゾンです。
これによって、お客様は商品が早く届くことの嬉しさを知ってしまいました。


ネットショッピングでは、お客様は極めて高い要求をします。
そして、一度体験した一番良いサービスが基準になります。

今ネットショップで商品を購入しているお客様にとっては、「送料無料で当日発送」は当たり前のことなのです。



◆ セット販売で値引きを行う


お客様がホームページで買物をしていて、購買意欲を動かす引金は2つ目を購入すると送料が同じでも商品代金に値引きが有ることです。


例えば4個購入すると送料無料という場合でも同様です。


お客様からすれば同じ商品を購入した時に単価が安くなることにお得感を得たいのです。


商品やサービスを販売する側にとっては客単価が上がり、お客様からすると商品単価が下がり送料の負担が減り「次回も買おう」と言う気持ちが湧くものです。



◆ 返品保証やお試し


イメージしていた商品と違った、返品したい」こういう経験は有ると思います。
ホームページから商品を購入するお客様は、写真と文章のみで判断します。


実物を手に出来ませんので、中には失敗するケースもあります。


これはインターネット販売でお客様についてまわる独特のリスクです。自分で店舗に出向いた場合には試着などが出来るため起こりにくいリスクです。


そこで販売側が考えたいのが、お客様の購入リスクを低く抑えてあげることです。
その為の方策の1つが、商品に対する返品保証を設けることです。


返品保証を付けると、返品の山になるのでは無いかと躊躇するかも知れませんが、実際に返品するお客様の割合は0.5〜2%程度です。


注意点
一部のお客様ですが、こうした返品保証を悪用して商品を片っ端から購入して返品するケースも考えられます。
したがって返品保証を付ける場合はお店側のリスクも下げる手段を講じる必要もあります。


・返品保証を受け付けます。但し以下に限ります。
・商品到着後1ヶ月以内
・未使用に限る
・返品送料はお客様のご負担
こんな例が考えられます。


また、購入前にサンプルを請求してもらうケースも考えられます。
保証があるだけでお客様は信用するものなのです。


お店に負担のかからない保証であっても、充分に集客や売り上げアップが見込めるものなのです。