検索上位対策は充分条件

売れるホームページの作り方 ⇒ 検索上位対策 ⇒ 検索エンジンの動向


検索上位対策


最近の検索エンジンについて

|→ 目指すものを決める





◆ 最近の検索エンジンについて


以前の検索エンジンは、キーワードを詰込み、バックリンク(被リンク)本数を多くすれば上位表示されていました。


しかし、最近では検索エンジンの精度がかなり高くなり、本当に人が見て役立つホームページ、お店・会社の特徴を出した独自性の高いホームページが上位表示されるようになりました。


特にyahooが検索エンジンから撤退してgoogleに頼る様になってからは、特にgoogleではこの傾向が年々顕著になって来ています。


SEOと検索上位対策の違いについて、など


インターネットで検索すると、SEOと検索上位対策が同義語として書かれているものが多くありますが、両者は少し違います。


SEOは、検索エンジン最適化:サーチ・エンジン・オプティマイゼーション:Search Engine Optimizationの事です。


検索エンジンの検索ロジックに合う様に最適化を施す事で検索ワードで上位表示を狙う手法です。
googleやyahooなどの検索結果画面に表示される有料のリスティング広告は別です。


検索上位対策はSEOの一部であって、検索結果で上位表示を行う為に施す手法のことです。
また、SEO対策という言葉は誤った使い方でSEOが正しい使い方です。


これはアンケート調査という言い方とほぼ同じです。アンケート=聞き取り調査、の事ですのでアンケート調査=聞き取り調査調査となってしまいます。


この章の目的は検索上位対策をしてさらに集客アップ、売上げアップを目指しますので、以降は「SEO」と表記して進めます。


さらに、以降ではサイトと言う表現も使用します。


現状のホームページは正式にはワールド・ワイド・ウェブ(WWW)と言います。少し砕けた言い方ではウェブサイト、又は単にサイトと表現します。


今はどれも同じものを指しています。


また、ホームページは、正確にはブラウザを立ち上げた時に最初に出るページの事を言いますが、このサイトでは上と同じものとして使用しています。


ページを作る際のポイント
検索エンジンは見る人に有益なサイトを評価してくれるようになっていますので、むやみにキーワードを詰め込んだりする対策は検索エンジンから排除される可能性が高くなり、非常に危険です。


テキストのみ、画像のみ、他サイトのポピペ、広告ばかりなどのサイトでは評価されません。
自分の言葉でオリジナル性や専門性を入れ込み、見る人のことを考えた誠意のあるサイト作りをする事をお勧めします


ページを作りこむ際のポイントは、
@画像の見せ方
A文字の読みやすさです。


検索エンジンは写真1枚だけを整然と配置して説明するより、複数の画像や文字を組み合わせたページを高く評価するようになっています。


難しいかとは思いますが、検索エンジンの人間化が進んでいることを理解していただけると、次ページ以降の内容が理解しやすくなります。




   top 【SEO】本質のビジネスSEO術
本質のビジネスSEO術
本質のビジネスSEO術

\10,000円

 主にGOOGLE対策。アクセスアップして売上向上を目指す。

 数年で売れなくなるような事もありません。。

 書籍などでは論じられていない内容。

 爆発的に売上を上げていく手法。


ビジネスSEO術は、一見地味(?)ですが、売れ続けています。

 本質のビジネスSEO術

   top 【アクセスアップ】パソコンサイトとスマホサイトの同時作成テンプレート
パソコンサイトとスマホサイトの同時作成テンプレート
スマートフォンサイト&パソコンサイト同時構築テンプレート

\9,800円

 パソコンサイトとスマホサイトを同時に作成。

 HTML5とCSS3をテキストエディタで作ります。

 パソコンサイトとスマホサイトを同時に作れます。

 手間なくスマホサイトも作れます。


パソコン用テンプレートは1デザイン当り6ページ分が添付。
スライドショーや戻るボタンなどもあります。

 スマートフォンサイト&パソコンサイト同時構築テンプレート

   top 【アクセスアップ】e-まちタウンビジネスリスティング
e-まちタウンビジネスリスティング
e-まちタウンビジネスリスティング

\39,900円

 322の地域ポータルサイト登録審査。

 掲載されるとe-まちタウンのサイトにホームページが紹介されるもの。

 1件の登録につき、キーワード2個設定可能。

 カテゴリページと詳細ページに掲載。


「e-まちタウン」の地域サイト 最大322サイトが、登録したホームページを紹介。
チラシ、パンフレットより広告効果が大きい。

 e-まちタウンビジネスリスティング



多くの人が誤解している事柄


◆ 以下を追いかけるのは時間の無駄です


実に多くの人が誤解している事項がありますので、簡単に説明します。
これらは行っても無駄な事です。以降のページでは説明を割愛しますが、ご了承下さい。


・ページランク(PR)
・headのmeta name="keywords"句
・大見出しのh1タグ
・自分のサイトの検索回数



@ページランク(PR)が高いほど良いサイト??


ページランク(PR)は企業サイトを評価する指標で、google検索エンジンの200以上ある指標の1つです。
ただしPRはgoogleは一切公開していません。


巷に飛び交っているページランクは正式にはツールバーページランク(TPR)と言って、サイトを評価する指標のPRとは別ものです。
これを混同してPRが高いとサイト評価が高い、検索結果上位に入り易いと喧伝されていますので注意して下さい。


PRが高いか低いかは一切知る事が出来ません。
一方のTPRは値を知る事が出来ますが「サイトの評価や順位付けとは無関係」とGOOGLEは再三再四注意を喚起しています。


SEO会社や多くのサイトで言っている事に惑わされない様にして下さい。


Aキーワードはheadのmeta name="keywords"句に設定する??


現在のgoogleはここを見て判断してはいません。かつて多くの人がここにキーワードを詰め込んで検索エンジンを欺こうとした事への対抗策です。


B大見出しのh1タグがSEOで重要??


昔に少しでもSEOを勉強した人は、h1タグをSEOワードとして位置づけている様ですが、今は大見出の役割りしか有りません。


これもheadのmeta name="keywords"句同様、検索エンジン側の対抗措置です。
かつて、ここに多くの人が、キーワードを詰め込みました。


C自分のサイトの検索回数が多い程上位表示され易い??


これは、SEOを学んだ人でも勘違いする人が多い項目です。
サイトの評価指標に「検索回数」は含まれていません。


たとえ1億回検索されても、サイトの評価や順位付けには無関係ですので、トラフィックエクスジェンジなどのサービスを使って検索回数を人為的に上げても意味の無い事です。


無駄な労力を使わない様にしにて下さい。



 耳鳴り治療
辛い耳鳴り。あなたに合った治療をして下さい。


 片頭痛を治す
片頭痛は治療が必要な病気です。


 美脚エステを比較
美脚エステを勝手に独断で激辛に比較します。


 痩身エステを比較
痩身エステを辛口比較!エステ痩身で効果的なスリムボディをゲット