被リンク効果はナチュラルリンクしか無い

売れるホームページの作り方 ⇒ 検索上位対策 ⇒ 被リンク(バックッリンク)


検索上位対策


SEO効果のある被リンク(バックッリンク)は今は自然と集るナチュラルリンクだけ

効果的な文章作成法 ←|→ SEOに有効なタグ





◆ 被リンク(バックッリンク)はそれなりに意味が有る


被リンクとは、他のサイトや他のページから自分のサイトにリンクを張って貰うことを言います。


SEOは、大きく以下の2つに分けられます。
・内部対策(サイトの内容を検索エンジンに解りやすく記述する作業)
・外部対策(他サイトや他ページからリンクを張ってもらう作業)


一昔前(数年前)までは、被リンクには絶大な効果があり、特にyahooの場合は被リンクの数が多ければ多いほど有利で、上位表示が可能でした。


その後、yahooが検索エンジンから撤退し、googleがアップデートを重ねる毎に、被リンクに対する重要度や考え方にも変化が出てきています。


極端な例では「被リンクの効果は無くなった」「被リンクはペナルティを受け易い」などです。


被リンクに関する考え方は、色々なサイトを見ても十人十色であり、良く解らなくなって来ている方も多いと思います。
そこで、このページでは基本に戻って説明したいと思います。


勿論、異論のある方も多いとは思います。



◆ やはり、今も被リンク(バックッリンク)は重要


被リンク不要論が出てきたのは、googleが「順位操作のための意図的なリンク」を排除している事の拡大解釈で有って、被リンク自体が不要と言うことでは有りません。SEOの重要な要素です。


検索者に有益な情報である「価値のあるコンテンツ」を提供するサイトが良いサイトなのですが、「良い」を判断できるところまでは検索エンジンは未だ進歩していません。


検索エンジンが「良い」を判断するのに、今も被リンクがそれなりの役割を果たしていることに変わり有りません。


これから技術が格段に進歩すれば検索エンジンも判断できる時代が来るかも知れませんが、それまでは被リンクはSEOの需要な要素です。



◆ googleが排除しようとしている被リンク


これはgoogleの品質ガイドラインに明確に示されています。
これに該当する被リンクは、サイトの評価を落しますので注意して作業して下さい。
数年前までは最低でも被リンク評価は0点でしたが、今はマイナス点となります。


リンクの購入


Googleが最も嫌うSEOです。リンクを販売している業者から何リンク幾らとか言って、リンクを購入する行為です。
こうして得たリンクを張ると、ペナルティを受けますので決して行わない様にして下さい。


自作自演リンク


自分自身で作成したサテライトサイトからリンクを張る行為です。yahoo時代は効果がありましたが、
今はペナルティ対象です。ブログをサテライトとしている場合も同様です。


今は問題なくても、googleに見付かるのは時間の問題です。


相互リンク


え〜?と思うかも知れませんが、googleの品質ガイドラインに相互リンクもペナルティの対象にする、と追加されました。


低質なリンク


リンクダグだけが集ったリンク集が該当します。自動でリンク集に登録するソフトも出回っています。気を付けて下さい。
googleが低評価しているサイトやページからのリンクも自サイトの評価を落します。



◆ 効果のある被リンク


相互リンクも含めて意図的なリンクが駄目となると、効果のある被リンクは自然に集るナチュラルリンクしか有りません。


あなたのサイトを見て、自発的にリンクを張ってくれる以外には効果は無いと言う意味です。
それも、googleが高評価しているサイトからです。こういう奇特な人がいるとも思えません。


被リンク不要論はこの辺りからも来ていると思います。
一応ナチュラルリンクが集ると仮定して、効果のある被リンクは以下となります。


質の高いリンク


持ち主の異なるサイトから被リンクを受ける
googleから高評価のサイトから被リンクを受ける


リンク本数は多い程良い


一度に沢山の被リンクを付けないで、少しずつ増加させることが必要
但し異なるサイトからの被リンクが前提


アンカーテキストを分散させる


アンカーテキストは分散させて、多様性を持たせて下さい。


自然に集るナチュラルリンクなら、url、タイトル分、社名、商品名などあなたのサイト内容を見てアンカーテキストを設定する筈です。



◆ 全く意味の無い被リンク獲得行為


ブログのコメントに忍ばせるurl


urlを忍ばせたコメントをブログに投稿して被リンクにしようとする行為はマナー違反であると同時に被リンクの意味は有りません。
自動でrel="nofollow"属性が付加され、リンクとしてカウントされません。


各種フォーラム投稿記事中に忍ばせるurl


これも自動でrel="nofollow"属性が付加され、リンクとしてカウントされません。
教えてgooやyahoo知恵袋も同様です。