SEO効果の大きい文章作成法

売れるホームページの作り方 ⇒ 検索上位対策 ⇒ 効果的な文章作成法


検索上位対策


SEO効果のある文章作成方法は4個

最重要なタイトルタグ ←|→ 被リンク(バックッリンク)





◆ SEOに効果のある文章作成方法


SEOに効果のある文章の作成方法を説明します。
これについては色々なウェブサイトで詳細が解説されていますので、併せて読む事もした方が良いと思います。


効果のある文章の作成方法は4個です。
・日本語(文章)として自然な使い方
・キーワードの近接度
・キーワード出現率
・キーワードから連想される単語を近くで使用しない



■ 日本語(文章)として自然な使い方


ホームページにキーワードを沢山いれて検索エンジンに高評価して貰おうとすると、大変不自然な文章が出来上がります。


@保湿化粧品で肌を保湿したい場合は、保湿化粧品で正しい保湿をしましょう
A肌の保湿を目的とした保湿化粧品は、化粧品の中でも保湿成分が多い保湿化粧品です。


無理やり「保湿」「化粧品」を多く入れようとしている為、日本語として大変不自然です。
検索エンジンも不自然さを読み取り、極端な場合にはスパムとなりますので注意して下さい。


今は検索エンジンもニュアンスも読み取るほどに精度が向上しています。



■ キーワードの近接度


キーワードの近接度とは、キーワードが文章中でどの程度近くに在るかということです。


特に複合キーワードを使う場合には重要です。
例として保湿化粧品で上位表示する場合を記載しておきます。


複合キーワード:保湿 化粧品
第1キーワード:保湿
第2キーワード:化粧品


・・・・・・・例・・・・・・・・
肌の保湿を化粧品で何とか保ちたいと多くの女性が望んでいますが、保湿を化粧品だけに求めるのは健康に良いとは言えません。
女性の誰もが望む理想的な保湿は、化粧品だけでは簡単には行えないという検証データが有る事も知っておいて下さい。
柑橘類のスクワレンを摂るだけでも皮脂との化学合成で天然保湿成分のスクワランが作られます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


このサンプル例では保湿というキーワードを4回、化粧品というキーワードを3回使い、1回は初めの方で使っています。
また、保湿と化粧品は近い位置に置いています。


ポイントとしては
・複合キーワードの場合には、保湿と化粧品を近い位置で使う
・複合キーワード「保湿 化粧品」同士は近くなり過ぎないようにする
・片方のキーワードである「保湿」「化粧品」のみも少し使う


この3つのポイントに気を付けてキーワードを文章中で使って下さい。


また、「検証」「スクワレン」「皮脂」「スクワラン」「化学」「合成」の単語はキーワードを強める言葉であり、使用することでホームページの専門性が上がり、上位表示に近付きます。


■ キーワード出現率


キーワードの出現率は1ページあたり3〜6%が望ましいとされています。
但しこの値は、1ページの総単語数との兼ね合いで上下します。


概ねの目安は以下ですが、これでなければならないと言うことでも有りません。


・総単語数100以下(文字数400以下):6%以上でも問題なし
・総単語数300程度(文字数1000程度):3〜6%
・総単語数300超(文字数1000超):3%以下でも問題なし。


例えば文字数3,000字で総単語数800だとすると、6%は単語数48となります。
実際に48個のキーワードを入れるとなると、相当に無理した不自然な日本語になってしまいます。


逆に文字数が少ない場合は、自然な文章であってもキーワード率は大きくなる傾向にあります。
また、1ページのキーワード率がしっかりしていても、メインの内容となる文章文字数が少なければ意味がありません。


1ページの文章は大体400文字以上になる様にして、キーワードを入れて下さい。
キーワード出現率は以下のサイトで計測できます。


http://www.searchengineoptimization.jp/keyword-density-analyzer



◆ キーワードから連想される単語を近くで使用しない


キーワードから連想される単語は多くの人が一緒に検索する単語でもあり、検索エンジンも検索実績から、この単語とキーワードが関連あると認識しています。


これは中々気が付きにくい事で、あまり注意を払っていないことですが、効果的ですので覚えておいて損は有りません。


「化粧品」も単独ワードで上位表示を狙う場合には、キーワードの近い場所に保湿、美白、高濃度、浸透など、連想して一緒に打ち込みそうな言葉を入れないことです。


このような検索されそうな単語を入れると、保湿化粧品、美白化粧品、高濃度化粧品、浸透力 化粧品、など、複合キーワードでの上位表示が達成されて化粧品単一で上位表示が出来なくなります。


一緒に検索される保湿、美白、高濃度、浸透も関連ある単語で有る事を検索エンジンが知っているために、化粧品というキーワードのパワーが分散してしまいます。


極力1個のキーワードに絞るのがコツです。


専門性のあるキーワードを入れるとサイトの価値が上がります。一緒に検索されにくい、健康、予防、任す、対応などのキーワードを入れると専門サイトとして評価されます。


沢山のキーワードを狙っても上位表示は出来ません。
キーワードに、「一緒に検索されない様なワード」を使って、ホームページを組み立てる事が結果を出すコツです。


これは前述したタイトルにも使えます。
30文字程度のタイトル内に、一緒に検索されてしまう語句が入っていると、そちらの語句にも高得点が割り当てられ折角左に書いたキーワードの得点が低くなってしまいます。


キーワードから連想されるワードを一緒に使用しない事がタイトルの鉄則。


チョットしたコツなのですが、効果がありますので使って見て下さい。