サイトマップページを作る

売れるホームページの作り方 ⇒ 検索上位対策 ⇒ サイトマップページ


検索上位対策


ページ一覧を記載したサイトマップページを作る

格納フォルダの分散 ←|→ 正規化する


◆ ホームページのページ一覧を記載したページを作る


googleのウェブマスターツールを使ってサイトマップを送信できますが、それとは別に、ホームページのページ一覧を記載したページを作って下さい。


作り方は通常のページと同じで、違いは文章コンテンツが記事(ページ)へのリンク一覧になっている点です。

閲覧者にとっても便利ですし、検索エンジンにとっても有益な情報となります。


コンテンツの例を示します。

<a href="./">売れるホームページの作成方法</a>
<a href="shohin1.html">○○1商品詳細</a>
<a href="shohin2.html">○○2商品詳細</a>
<a href="shohin3.html">○○3商品詳細</a>
<a href="shohin4.html">○○4商品詳細</a>




◆ 設置する場所も重要


全てのページのh1タグの直ぐ後に書いて下さい。
サイトマップページへのリンクタグを書くと言う意味です。


h1の次に書くことによって検索エンジンはサイトマップをくまなく巡廻してくれて、何処のページからでもホームページ全体を見渡すことが可能になります。


全ページのh1の次にサイトマップページへのリンクを書くことで、ホームページ全体を巡廻して呉れることになります。


リンクのみをまとめて記述するだけですので、簡単に作成できます。
検索エンジンは、リンクがあるとそのリンク先を見に行き評価していきます。


【注意点】
外部リンクを貼っていると検索エンジンは外部に行ってしまいますので、サイトマップページは内部リンクのみにして下さい。