ウェブページの土台を作る

売れるホームページの作り方 ⇒ 速攻HTML ⇒ ウェブページの土台を作る


速攻HTML

ページの土台・枠組みを作る

進め方について ←|→ タイトル、大見出しを設定する


◆ どのようなページでも必要となる枠組みを作る


土台・枠組と言ってもほとんど決まり文句のようなものです。
ファイル名:index 拡張子:html  一緒にしてindex.htmlとして上書き保存します。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org
/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

 <head>
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=utf-8" />
  <title></title>
 </head>

 <body>

  ここにページ毎のhtmlを記述します。今はまだ空の状態です。

 </body>
</html>



メモ帳で上の内容を打ち込んだら index.html として上書き保存します。

index.htmlを実行(ダブルクリック)すると、画面の表示領域が空白表示されます。



<!DOCTYPE・・・・・> には使用するHTMLの種類を指定します。種類については割愛しますが、
このサンプルをそのまま丸写しで問題有りません。

@ <head> 〜 </head> にはページに関する設定を記述します。
  ここに記述した内容はブラウザ画面には表示されません。

A <body> 〜 </body> にはブラウザ画面に表示されるコンテンツを記述します。

@とAの全体を <html・・> と </html> で囲みます。