文字コンテンツを入力

売れるホームページの作り方 ⇒ 速攻HTML ⇒ 文字コンテンツを入力する


速攻HTML

文字を入力する。

タイトル、大見出しを設定する ←|→ 文字をデザインする


●pタグを使って文字コンテンツを入力します。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org
/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
 <head>
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=utf-8" />
  <title>富士河口湖の四季おりおりをお伝えします</title>
 </head>

 <body>
 <h1>富士河口湖の四季</h1>

<p>富士河口湖の四季をお伝えする観光案内です。</p>  ←書いた文字をPタグで囲う。

<p>河口湖観光社は、河口湖の自然を生かしたイベントや季節の商品をお届けしている会社です。
湖畔にある「体験の工房」では、竹細工を楽しんだり、クラフト作りチャレンジを楽しむこと出来ます。
河口湖にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。</p>
 ←書いた文字をPタグで囲う。

 </body>
</html>


● コピーライトを表示する。

著作権明示の為に表示しますが、必須事項ではありません。通常はページの下に小さく入れておきます。

・・・の際は、ぜひお立ち寄りください。</p>

<address>Copyright (C) 河口湖観光社</address>  ←書いた文字をaddressタグで囲う。

 </body>
</html>



今までの内容をブラウザ画面に表示すると下の様になります。素っ気ないです
  



@ 見出しタグはh1〜h6まで。

  デフォルトで大きさが決まっています。h1が最大で以下、h2、h3と順番にサイズが小さくなります。

  h1タグは1ページに1個しか置けません。又、見出しなので入れ子にして使います。
  h1無しで、いきなりh2が来ない様にして下さい。(エラーにはなりませんが良くありません)。

  見る人の見易さを考えると、適宜見出しを置く事が良いと思います。

A Pタグは段落を意味します。 

  各タグのコンテンツ以外に文字を書く場合にはPタグで囲います。
  Pタグは段落を意味するparagraphから来ています。画像や文字も段落内にいれる事が多いです。

  少なくとも、タグ無しで、文字文章だけを独立してソースに記述する事は出来ません。